ぜいたくレッドスムージーの成分は安全?妊娠中・授乳中でも飲める?

妊娠・授乳中でも飲める?ぜいたくレッドスムージーの成分を調査

置き換えダイエットによるダイエット効果が高いぜいたくレッドスムージーですが、妊娠中や授乳中など子育て中の奥様も「飲んで大丈夫かな?」と不安になる方もいらっしゃいます。

 

そこで今回はぜいたくレッドスムージーにどのような成分が入っているかをご紹介しています。

 

ぜいたくレッドスムージーに含まれている成分

ぜいたくレッドスムージーの成分特徴を列挙します。

  • 253種のW酵素
  • 6種のマルチ乳酸菌
  • 1包で1日分のビタミン
  • 3つの植物の力(21種類のスーパーフード/22種類のレッドフード/16種類の野菜・フルーツ)
  • Wの食物繊維
  • 9種類の美の成分

 

うーん、多いですね(笑)
順に見ていきましょう。

 

253種のW酵素

妊娠中・授乳中のママさんに酵素が与える影響はどのようなものがあるでしょうか。

  • 赤ちゃんの体内酵素の量を左右する
  • 産後の母乳の出がよくなる?妊婦さんの栄養不足を補う
  • 消化不良、便秘の解消?デトックス効果?リバウンドの心配がない?免疫力があがる?美肌効果?冷え性対策?内臓の働きが良くなる?

このように様々な面で効果的です。
注意点としては、酵素だけ取れば良いわけではなく、他の栄養素もバランスよく摂る必要があるという事。
ファスティングダイエットなどで体調を崩される場合は他の栄養素が足らないなどの理由があげられるかと思います。

 

 

6種のマルチ乳酸菌

妊娠中は便秘になりやすくなります。便秘になる理由としては、

  • 水分不足
  • 筋力低下
  • ストレス
  • ホルモンバランスの変化
  • つわりによる食事の変化
  • 子宮が大きくなり大腸が圧迫

 

便秘になってしまったからといって、市販の下剤や便秘薬を飲んでしまうのは危険です。
子宮収縮の恐れがあるので使用を控えましょう。
医師に処方される場合もありますので、その場合はお医者様としっかり話し合いをして決めてください。

 

ぜいたくレッドスムージーは6種のマルチ乳酸菌によって腸内を活性化し、便秘予防に一役買ってくれます。
乳酸菌を取り過ぎも良くないと言われていますので、1日1杯をオススメいたします。

 

1包で1日分のビタミン

ぜいたくレッドスムージーは1包で1日分のビタミンを配合していることも特徴の一つです。
ビタミン12種類がぜいたくレッドスムージー1杯分に配合されています。

  • ビタミンA:770μg
  • ビタミンB1:1.2mg
  • ビタミンB2:1.4mg
  • ビタミンB6:1.3mg
  • ビタミンB12:2.4μg
  • 葉酸:240μg
  • ナイアシン:13mg
  • パントテン酸:4.8mg
  • ビオチン:50μg
  • ビタミンC:100mg
  • ビタミンD:5.5μg
  • ビタミンE:6.3mg

 

3つの植物の力

21種類のスーパーフード

ぜいたくレッドスムージーには、沢山のスーパーフードが含まれています。

  • マキベリー
  • ココナッツオイル
  • チアシード
  • モリンガ
  • ビーポレン
  • 大麦
  • 胚芽押麦
  • デーツ(インディアンデーツ)
  • ゴールデンベリー
  • アサイー
  • アーモンド
  • ヘンプ
  • ゴジベリー(クコの実)
  • カムカム
  • カカオ(ココア)
  • マカ
  • 赤マカ
  • アマランサス
  • キヌア
  • ブロッコリースプラウト
  • スピルリナ

ハリウッドやセレブモデルでは当たり前になっているスーパーフードも日本ではまだ認知されていなかったり、購入するのが難しかったりします。
ぜいたくレッドスムージーでは普通に購入すると高いアサイーやチアシードなど多数のスーパーフードが含まれています。

 

22種類のレッドフード

ぜいたくレッドスムージーにはこれだけのレッドフードが含まれています。

  • レッドビート
  • フランボワーズ
  • ドラゴンフルーツ(ピタヤ)
  • アセロラ
  • ニンジン
  • アプリコット
  • 白桃
  • カシス
  • クランベリー
  • イチゴ
  • ライチ
  • トマト
  • マンゴー
  • ザクロ
  • 赤ブドウ
  • サクランボ
  • リンゴ
  • ローズヒップ
  • ブルーベリー
  • パパイヤ
  • ノニ
  • リンゴンベリー

レッドフード=赤い食べ物には、若さを維持するための抗酸化作用の強い食べ物が多いと言われています。
血液をサラサラにさせ動脈硬化や高血圧を防ぐリコピン、美白・美肌・アンチエイジングに効果的なアスタキサンチン、生活習慣病を予防するカプサンチン、細胞の新陳代謝を促すポリフェノール(アントシアニン、レスベラトロールなど)。
ぜいたくレッドスムージーがキレイをサポートする理由がわかりますね。

 

 

16種類の野菜・フルーツ

ぜいたくレッドスムージーにはこんなに多くの野菜・フルーツ成分が含まれています。

  • パイナップル
  • オレンジ
  • ブロッコリー
  • キウイフルーツ
  • グレープフルーツ
  • アスパラ
  • オリーブ
  • ジャガイモ
  • パッションフルーツ
  • タマネギ
  • レモン
  • 洋ナシ
  • キャベツ
  • キュウリ
  • ビルベリー
  • ニンニク

現代人が陥りがちな栄養不足による新型栄養失調やダイエット中には不足しがちな食物繊維にも、ぜいたくレッドスムージーではしっかりサポートしていますね。
野菜やフルーツはそのまま摂ったりするにはコストがかかるので、うれしいですね。

 

Wの食物繊維

Wの食物繊維とは、「水溶性食物繊維・不溶性食物繊維」のこと。

水溶性食物繊維:水分保持力が強く、水に溶けるとゲル上に変化。
不溶性食物繊維:水に溶けない食物繊維で胃や腸で水分を吸収し膨らみます。

食物繊維はどちらか1つだけを摂取しても力を発揮しないため、2種類の食物繊維をとることがスッキリへの近道です。

 

ぜいたくレッドスムージーには、同時に摂る事で巣っきりをサポートしています。

 

9種類の美の成分

ぜいたくレッドスムージーでは9種の美容成分を配合しています。

  • ローヤルゼリー
  • プロポリス
  • プラセンタ
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • 高麗人参(発酵人参)
  • 羅漢果
  • グルコマンナ
  • サイリウム(オオバコ種皮)

美しさを後押しする美容成分を配合しています。
ここも成分をぜいたくに配合していますね。

 

 

ぜいたくレッドスムージーに配合されている成分から期待できる効果

■栄養補給
⇒栄養価の高い素材が使われているため、妊娠中にも不足しがちな栄養補給サポートが期待できる
■ダイエット
⇒満腹感を得られやすく、酵素が含まれているため、過食がちな妊娠中などにダイエットサポート
■便秘解消
⇒食物繊維と乳酸菌が含まれているため、妊娠中や授乳中の悩みとなりやすい便秘解消に期待できる
■美容効果
⇒保水力のある成分や体の内側から美しさを生み出す成分が含まれているので、妊娠中の肌荒れなどもサポート。

 

ぜいたくレッドスムージーを上手に使うことで、妊娠中や授乳中のかゆいところに手が届く効果が期待できます。

 

妊娠中のアレルギーには注意

ぜいたくレッドスムージーは薬などを使用していないので、副作用の心配はありません。
しかし、非常に多くの成分が含まれている関係上、人によっては妊娠中の体質変化によるアレルギー症状が出やすくなる可能性もあります。
その場合は速やかに使用を中止し、医師の診断を受けてください。、

 

妊娠授乳中もぜいたくレッドスムージーを賢く使って、元気な赤ちゃんを育てましょう。

 

公式サイト:ぜいたくレッドスムージー初回980円